悪ノ大罪 円尾坂の仕立屋

母の形見の裁縫鋏を手に取り 今日も仕事に精を出す さあ、仕立てを始めましょう

悪ノP(mothy) クリプトン・フューチャー・メディア公認
「悪ノ大罪」ノベルシリーズ待望の第五弾! 舞台はエヴィリオス地方のはるか東に位置する島国 〝蛇国〟
2015年12月21日発売
PHP研究所 定価:本体1,200円(税別) Illustration by 壱加
早期購入特典悪ノP(mothy)書き下ろしのショートストーリーを期間限定でメール配信 登録はこちら アニメイト限定特典 『七つの罪と罰』&『悪ノ大罪 五番目のピエロ』連動キャンペーン 「惡ノパスワード」をゲットして「悪ノ配信」をキャッチ!! ワーナーミュージックから発売のCD『七つの罪と罰』(初回限定ノベル同梱盤)と 書籍『悪ノ大罪 五番目のピエロ』を両商品お買い上げの方に悪ノP書き下ろしのショートストーリーをメール配信!!

『円尾坂の仕立屋』とは……

「だけど仕事は頑張らなきゃ」
2009年12月にmothy氏がニコニコ動画に投稿した楽曲。ボーカルにはVOCALOIDの巡音ルカを使用している。『七つの大罪シリーズ』のうち【嫉妬】をテーマにした楽曲で、円尾坂で仕立屋を営む女主人・首藤禍世の物語。“愛する人”が見知らぬ女性と仲睦まじくしている姿を見かけた禍世が、涙を流しながらも仕事に打ち込んでいく様を描く。

 

Story

「どう?  私――綺麗でしょう?」
着物の仕立てを生業としている女性・首藤禍世は、突如円尾坂を襲った大火事によって愛する家族を失ってしまう。身体の傷は癒えたが心の傷が一向に癒えずにいた禍世。そんな中、とある人物と運命的な出会いを果たし――。

 

Character

首藤 禍世(すどう かよ)

鬼ヶ島の中央にある円尾坂にて仕立屋を営む女主人。
近所からの評判は高く、確かな腕と美貌を持ち合わせている。
愛する家族と共に平和な日常を送っていたが、
円尾坂で起きた大火事によって家族を失ってしまった。

楽捨(がくしゃ)

円尾坂の北にある伊耶佐山に倒れていた男。
目を覚ます前の記憶を全て失っており、
顔の左側と左手の甲には大きな火傷痕がある。
旅の僧・魏耶羅(ぎやら)に助けられた後、
修行僧となって彼と共に蛇国中を旅することとなる。

黒檀童子(こくたんどうじ)

桃弦郷で暮らす老人・黒翁が見つけた、
他よりも幹の黒い珍しい黒檀の木から産まれた少年。
成長するにつれて「自分には何かするべき事があったような気がする」と思い始め、“人魚”のお告げの元、鬼ヶ島を訪れる。

 

Profile

Follow me